豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

競売で落札されない場合

時々、競売で落札者が現れない場合があります。

最初の期間入札で落札者が出なかったときには、特別売却という方法で再競売にかけられます。

そして、その特別売却でも落札者が現れないばあいには、再度物件の評価を 行い、売却基準価額・買受可能価額が引き下げられ、再度期間入札→特別売却が行われます。

特別売却は入札期間中に、一番先に買受けを申し出た人に買受けの権利が与えられます。早い者勝ちということになります。また、同一競売物件について、買受けの申出が同時に複数されたときは、くじ等により買受申出人を定める場合もあります。 

低い金額で落札をされると、債務者には、その分多くの残債が残ることになります。

いつまでも落札されないから、その分、長く住んで居られると考えるのは禁物です。

競売は、落札され、その競落者が、競落代金を支払って、はじめて、所有権が移転します。従って、競売したが、落札する人がいない場合、債務者の所有のままです。

通常、土地・建物を競売されるような人の 場合は、各種の税金も延滞している事が多く、競売物件の登記簿を見るとき、市や、昔の財務省が差押え登記をしている事もあります。

その債務者には、遅延損害金という、債務プラス利息で膨らんで行きます。

ですので、いつまでも落札されないなら、その分長く住んでいられるという発想は後々の自分の首を絞めることになります。 

このように「住宅ローンが返済できなくて家を手放す」と言っても、それが競売になるか任意売却になるかで、物件所有者が受けるデメリットは大きな差が出てくるというわけです。

「どうしても返済できない、このままでは家を手放すしかない」という状態になったら、黙って競売にかけられるのを待つのではなく、なるべく早めに任意売却の相談をしてみることをおすすめします。

それと、債権者から紹介された業者は利用しないこと。その業者は「債権者から仕事をもらえる」という関係にあるので、当然あなたよりも債権者の味方です。

任意売却をより有利に進めるためにはまず、「あなたの味方になってくれる業者」であることが第一です。

任意売却の相談はムーヴプランニングにお任せください。

競売で落札されない場合:関連ページ

任意売却と譲渡所得税
任意売却をした場合でも、通常は、住宅等の不動産の売却の譲渡益に対して、通常の税率で分離課税の長期短期の譲渡税が […]
住宅ローンを滞納するとどうなるか
今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払って […]
任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]
離婚と住宅ローン
住宅ローンを組まれていて離婚となった場合、その住宅ローンを離婚後どのようにするかといった取り決めには注意が必要 […]
自宅の価値を高める
住宅ローンの返済苦ではなくても住み替えや転勤、相続不動産の現金化など、様々な理由によって不動産売却を考えていら […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却後の残債について
任意売却後の住宅ローン残債をどうするのかという問題は、任意売却を行う上では決して避けて通れない問題です。 残債 […]
住宅ローンと税金
不動産に対する税金の差押えと、不動産に抵当権が設定がされる住宅ローン等では、不動産の競売や公売の際にどちらが優 […]
任意売却をご近所に知られたくない
「住宅ローンが返せなくて家を手放す、そのことをご近所さんには絶対に知られたくない」という気持ちを持つ人は少なく […]