豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却後の残債について

任意売却後の住宅ローン残債をどうするのかという問題は、任意売却を行う上では決して避けて通れない問題です。

残債をどのように処理するのか見通しを立てないで任意売却を行っては、新しい生活をお客さまが安心してスタートすることは出来ません。

任意売却と残債の関係は大きく3に分けられます。

1.任意売却により住宅ローンや他の残債を全て返済できる全額完済型。

2.任意売却により住宅ローン残債は完済できたが、他の債務が残ってしまうケース。

3.任意売却により残債の額が減ったものの、住宅ローンを含む全て債務に残債が残ってしまう残債減額型。

任意売却の場合、オーバーローンになっている物件が多く、すべての残債を完済できる例は少ないのが現実です。適切な任意売却プランと残債の返済に関わる債権者との話し合いを綿密に行ない、少しでも負担の少ない新生活をスタートしていただきたいと思います。任意売却により住宅ローンを含む全ての残債を返済できた場合には、今後の生活で残債の返済をする必要は一切なく、新しい生活を安心して始めていただけるはずです。

しかし任意売却により住宅ローン残債のみ完済できたものの他の債務で残債がある場合には、住宅ローン以外の債務については残債の処理が必要となってきます。

住宅ローンの支払をしなくても良くなっていますので、支払はおそらくかなり楽になっていると思われますがそれでも残債の支払が難しい場合には、弁護士や司法書士による任意整理も検討しなければなりません。

任意整理は法律専門職が消費者金融やクレジット会社と個別に交渉することによって、毎月の支払額を低くしたり遅延損害金をカットしてもらったりする手続きのことで、専門家があなたの代わりに交渉しますから、ご自分で交渉や手続きをする必要はありません。毎月の支払額が無理のない範囲に調整することが可能となってきます。

次にもっとも問題となるのは、任意売却後に住宅ローンも他の債務にも残債がある場合です。

住宅ローンの残債も当然返済をする必要がありますが、任意売却前の月々返済額通りに残債を支払う必要はなくなってきます。

実は、住宅ローン残債の支払は、支払えるだけの額で良いのです。

任意売却を行ったということは、すでに住宅ローンの支払いが出来ない状況になるということに他なりません。

そのため、住宅ローン債権者である銀行や保証会社はそのことを充分に理解していますから、一般的な任意売却後の残債支払は月額5000円~10000円程度になるケースが多いようです。

住宅ローン残債の交渉も、もちろん任意整理等による専門家のご紹介もさせていただきます。

是非一度お問い合わせください。

任意売却後の残債について:関連ページ

任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]
離婚と住宅ローン
住宅ローンを組まれていて離婚となった場合、その住宅ローンを離婚後どのようにするかといった取り決めには注意が必要 […]
競売で落札されない場合
時々、競売で落札者が現れない場合があります。 最初の期間入札で落札者が出なかったときには、特別売却という方法で […]
自宅の価値を高める
住宅ローンの返済苦ではなくても住み替えや転勤、相続不動産の現金化など、様々な理由によって不動産売却を考えていら […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
住宅ローンと税金
不動産に対する税金の差押えと、不動産に抵当権が設定がされる住宅ローン等では、不動産の競売や公売の際にどちらが優 […]
任意売却をご近所に知られたくない
「住宅ローンが返せなくて家を手放す、そのことをご近所さんには絶対に知られたくない」という気持ちを持つ人は少なく […]
任意売却宅と弊社買取
『任意売却』という言葉も以前より認知され、弊社でも任意売却のご相談を多く頂きます。 その中で、ご相談者様が心配 […]
破産管財人と任意売却
破産管財人が行う任意売却とは、通常の任意売却と異なります。 通常の任意売却は、債務者が売主になって自分の意思で […]