豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

住宅ローンと税金

不動産に対する税金の差押えと、不動産に抵当権が設定がされる住宅ローン等では、不動産の競売や公売の際にどちらが優先して充当(配当)されるかは、税金の「納期限」と抵当権設定の「登記日」を比べ、早いほうが優先されます。 通常は、住宅ローンの抵当権が滞納税金より優先するしていることが多いのが実情です。 

 したがって、不動産の価値を上回る住宅ローン債権(これをオーバーローンといいます)が残っている抵当権が滞納税金の差押えに優先して登記されている競売においては、競売による代金すべてが住宅ローン債権者に配当され、滞納税金には一切配当されません。


 上記のとおり、オーバーローンの競売の場合、滞納税金には一切配当はありません。
 したがって、競売によらず、競売より高い価格で売却できる可能性が高い任意売却にすることは、以下のとおり、①住宅ローン債権者、②滞納税金を有する市町村・税務署、③債務者(所有者)の三者のいずれにとってもメリットのあるものとなります。

  ①住宅ローン債権者にとって、競売は申立費用(住宅の場合55万円~75万円前後)の負担・立替があり、かつ、通常、売却(落札)価格が任意売却に比べ2~3割より低くいが、任意売却は費用負担もほとんどなく、かつ、競売より高い価格で売却ができることからも多くの回収ができる。

  ②差押権者の市町村・税務署としては、オーバーローンでも滞納税金の差押えを取下げることを条件に売買代金の中から住宅ローン債権者の同意(上記の競売費用の負担・立替がないことから)のもと売買代金のうち20万円~30万円が解除料として支払われることが多く、滞納税金の一部または全部に充てることができます。 

  ③債務者(所有者)にとっても、競売と比べ、住宅ローン債権への返済が多くなり債務がより減少すること、また、競売であれば、まったく滞納税金は減らないが、任意売却により解除料が支払われる滞納税金が減少すること。

以上のとおり、任意売却には競売にない多くのメリットがあります。 税金滞納等でお悩みの方は、一度当社へご相談ください。 

住宅ローンと税金:関連ページ

競売で落札されない場合
時々、競売で落札者が現れない場合があります。 最初の期間入札で落札者が出なかったときには、特別売却という方法で […]
自宅の価値を高める
住宅ローンの返済苦ではなくても住み替えや転勤、相続不動産の現金化など、様々な理由によって不動産売却を考えていら […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却後の残債について
任意売却後の住宅ローン残債をどうするのかという問題は、任意売却を行う上では決して避けて通れない問題です。 残債 […]
任意売却をご近所に知られたくない
「住宅ローンが返せなくて家を手放す、そのことをご近所さんには絶対に知られたくない」という気持ちを持つ人は少なく […]
任意売却宅と弊社買取
『任意売却』という言葉も以前より認知され、弊社でも任意売却のご相談を多く頂きます。 その中で、ご相談者様が心配 […]
破産管財人と任意売却
破産管財人が行う任意売却とは、通常の任意売却と異なります。 通常の任意売却は、債務者が売主になって自分の意思で […]
ペアローンと任意売却
住宅ローンを組む際に、夫または妻一人の収入ではローンの借入希望金額に届かないため、夫婦の収入を合算し、ペアでロ […]
現況調査とは
現況調査の目的は、競売の対象となる不動産の鑑定です。 物件の状況を調査することで、競売の基準となる評価額を算定 […]