豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

現況調査とは

現況調査の目的は、競売の対象となる不動産の鑑定です。

物件の状況を調査することで、競売の基準となる評価額を算定します。

そして、その結果が公開することで、競売で落札する業者や個人に物件の情報を提供するのです。

現況調査では、裁判所が任命する執行官と一緒に不動産鑑定士が自宅を訪問します。

不動産鑑定士は評価額を算出するために、実際に家の外観や室内を見て建物の劣化状況などを確認します。

記録のために室内の写真も撮影されます。

また、居住者への簡単なヒアリングも行われます。
ヒアリングの内容は「誰が住んでいるか」「壊れている箇所はないか?」など簡単なものです。

現況調査後は、不動産鑑定士が基準となる価格を算定します。

そして、その結果は資料にまとめられ裁判所やインターネットに公開されます。

この時、当日撮影された写真なども一緒に公開されるため、外観や室内がインターネット上に掲載されてしまいます。

そのため、近所の方などに見られてしまい、自宅が競売になったことが知られてしまいます。
また、室内の写真も掲載されるためプライバシーの問題も出てきます。

裁判所から送付されてきた現況調査の通知には、訪問日が記載されています。

しかし、仕事などでどうしても立会ができない場合もあると思いますが、もし立ち合いをしないとどうなるのでしょうか。

結論から言うと、この立ち会い協力は努力義務であり、必ず立ち会いをしなければならないわけではありません。

また、立ち会わなくても特に罰則はありません。

しかし、立ち会いに協力しないと勝手に家に入られるデメリットもあるので、可能な限り当日立ち会うことをお勧めします。

現況調査とは:関連ページ

競売で落札されない場合
時々、競売で落札者が現れない場合があります。 最初の期間入札で落札者が出なかったときには、特別売却という方法で […]
自宅の価値を高める
住宅ローンの返済苦ではなくても住み替えや転勤、相続不動産の現金化など、様々な理由によって不動産売却を考えていら […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却後の残債について
任意売却後の住宅ローン残債をどうするのかという問題は、任意売却を行う上では決して避けて通れない問題です。 残債 […]
住宅ローンと税金
不動産に対する税金の差押えと、不動産に抵当権が設定がされる住宅ローン等では、不動産の競売や公売の際にどちらが優 […]
任意売却をご近所に知られたくない
「住宅ローンが返せなくて家を手放す、そのことをご近所さんには絶対に知られたくない」という気持ちを持つ人は少なく […]
任意売却宅と弊社買取
『任意売却』という言葉も以前より認知され、弊社でも任意売却のご相談を多く頂きます。 その中で、ご相談者様が心配 […]
破産管財人と任意売却
破産管財人が行う任意売却とは、通常の任意売却と異なります。 通常の任意売却は、債務者が売主になって自分の意思で […]
ペアローンと任意売却
住宅ローンを組む際に、夫または妻一人の収入ではローンの借入希望金額に届かないため、夫婦の収入を合算し、ペアでロ […]