豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却の前に

競売開始決定通知が届くと、住宅ローン対象の物件が競売にかけられることになってしまいます。競売にかけられてしまうと以下のようなデメリットがあるので注意が必要です。

・普通に売却する場合によりも安く買いたたかれてしまう。
・競売が行われてしまうと出ていかなくてはならなくなる。


競売開始決定通知が届いてから実際に競売が行われるまで6ヵ月程度の期間がありますが、その間に何とかして競売を防ぐ方法はないのでしょうか?
競売を防ぐ方法として任意売却を行うという手段が挙げられます。任意売却によるメリットは以下の通りです。

・リースバック方式によって住み続けることができる。
・競売よりも高い価格で売却できる可能性が高い。

任意売却によって購入した人が同意してくれた場合には、賃料を払うことによって住み続けることが可能になります(リースバック方式)。任意売却は保証会社の許可を得る必要があるので、なるべく早く申し出た方が良いでしょう。

住宅ローンは契約当時の世帯年収などを基準にして返済計画を立てますが、必ずしも返済計画通りに返済が進むとは限りません。
体調を崩してしまったことによって一時的に返済が滞ってしまったり、出産による産休や退職して育児に専念するために専業主婦になったりなど様々な理由によって返済計画に支障が生じる可能性があります。一時的に支障が生じた場合にはどうすればいいのでしょうか?


まずは銀行に現状を伝えることをおすすめします。銀行からすれば信頼して住宅ローンの契約を行ったにもかかわらず、独断で延滞・滞納を行われてしまった場合には、後から理由を伝えたとしても配慮の余地がありません。
しかし、返済計画の支障が一時的な理由である場合には、返済計画の見直しによって一時的に返済額を引き下げてくれるなど、競売を免れることができる可能性があるため、まずは銀行に相談してみましょう。

任意売却の前に:関連ページ

競売で落札されない場合
時々、競売で落札者が現れない場合があります。 最初の期間入札で落札者が出なかったときには、特別売却という方法で […]
自宅の価値を高める
住宅ローンの返済苦ではなくても住み替えや転勤、相続不動産の現金化など、様々な理由によって不動産売却を考えていら […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却後の残債について
任意売却後の住宅ローン残債をどうするのかという問題は、任意売却を行う上では決して避けて通れない問題です。 残債 […]
住宅ローンと税金
不動産に対する税金の差押えと、不動産に抵当権が設定がされる住宅ローン等では、不動産の競売や公売の際にどちらが優 […]
任意売却をご近所に知られたくない
「住宅ローンが返せなくて家を手放す、そのことをご近所さんには絶対に知られたくない」という気持ちを持つ人は少なく […]
任意売却宅と弊社買取
『任意売却』という言葉も以前より認知され、弊社でも任意売却のご相談を多く頂きます。 その中で、ご相談者様が心配 […]
破産管財人と任意売却
破産管財人が行う任意売却とは、通常の任意売却と異なります。 通常の任意売却は、債務者が売主になって自分の意思で […]
ペアローンと任意売却
住宅ローンを組む際に、夫または妻一人の収入ではローンの借入希望金額に届かないため、夫婦の収入を合算し、ペアでロ […]