豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却と譲渡所得税

任意売却をした場合でも、通常は、住宅等の不動産の売却の譲渡益に対して、通常の税率で分離課税の長期短期の譲渡税がかかります。

よって、任意売却をする場合は譲渡税の計算をして、譲渡所得にかかる譲渡税を確保しておかなければなりません。

なお、実質的には、地価の下落等により、住宅等不動産の購入代金が任意売却による売却金額を上回っているケースが多いので、その場合譲渡税はかかりませんので、一応必ず税金計算をして税金がかかるかどうか確認して下さい。

また、任意売却をした場合、不動産譲渡の分離課税の短期長期の譲渡税が非課税になる場合があります。すなわち、資力を喪失して債務を弁済する事が著しく困難である場合には非課税になります。

そして、強制換価手続きによる譲渡についても、本来所得税は課税することとしています。

この非課税の規定は、資力を喪失して債務を弁済することが著しく困難である場合になされた譲渡に適用されます。

・その譲渡が本人の意思にもとづかない強制的な譲渡、もしくはそれに類する譲渡であること。
・譲渡代金の全額が債務の弁済に充てられてしまい、譲渡者がその譲渡による利益にあずかることがないこと。
・課税したとしても税額の徴収が困難であること。

などとされています。

これらの条件を満たすかどうかを素人が自分で判断するのはなかなか難しい現実があります。勝手に「自分のケースは譲渡所得税かからないだろう」と判断してしまい後から課税されてしまうと金額が金額だけにかなり厄介なことになります。

もしも譲渡所得税がかかることがわかっている場合、まず任意売却等の売買代金からあらかじめ譲渡所得税分を費用として控除し、その残額を債権者に配当するように交渉しなければなりません。

いずれにしても、専門的な知識が必要になりますので税金のお悩みは弊社にお問合せ下さい。

任意売却と譲渡所得税:関連ページ

現況調査とは
現況調査の目的は、競売の対象となる不動産の鑑定です。 物件の状況を調査することで、競売の基準となる評価額を算定 […]
離婚に伴うマイホーム売却
離婚することになった場合、財産分与の問題が発生します。現金や有価証券は一定の割合でわけられますが、不動産はそう […]
住宅ローンを滞納するとどうなるか
今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払って […]
任意売却の前に
競売開始決定通知が届くと、住宅ローン対象の物件が競売にかけられることになってしまいます。競売にかけられてしまう […]
債権者のメリット
住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。 なぜ住宅ローンを滞納すると、任 […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
競売の取下げ
住宅ローンの返済が滞り、催促状や督促状が届いているにもかかわらず求められた金額を返済しない場合、最終的に「競売 […]
任意売却時の書類の重要性
「住宅ローンが返せない!」「家が競売にかけられるかも!」 そんな悩みを抱えている方にとって、今住んでいる家を有 […]
任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]
任意売却のハンコ代
最近では、住宅ローンを組む際は1つの金融機関で融資を受ける方が多いです。 以前は住宅金融公庫で借りられている方 […]