豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

競売の取下げ

住宅ローンの返済が滞り、催促状や督促状が届いているにもかかわらず求められた金額を返済しない場合、最終的に「競売開始決定通知書」を受け取ることに。そのまま何も対応せずにいると、家が差し押さえられ競売にかけられてしまいます。

こうした事態を避けるためには、なるべく早いタイミングで債権者と交渉し、競売の取り下げに合意してもらうことが必要です。競売の取り下げ方や、取り下げが可能なリミットを知れば、ローン滞納のストレスや「家が競売にかけられるかもしれない」といった不安も軽減されるでしょう。競売を取り下げるには、“早めの決断”が最重要ポイントだとご理解いただければと思います。

競売の取り下げは債権者のみが行えます。債権者は競売を取り下げる条件として「ローンの一括返済」を要求してくる場合がほとんどですが、毎月のローン返済すらままならない債務者にとって、ローンの一括返済は現実的な手法とは言えません。そこで、債権者と交渉して「債務の一部を返済して残りを毎月〇円ずつ返済する」という方法があります。

上記のようにまとまった金額を用意できない場合は、任意売却の意思を示すと債権者が競売を取り下げてくれる可能性が高まります。債権者によっては「競売開始決定通知書」を通知する前に任意売却をするか否か通知を送るケースもあります。

いずれの方法を取るにしても、重要なのは債権者と真摯に話し合うことです。「競売開始決定通知書」が手元にあるということは、ローンを滞納し始めて6~8か月程度経過していることを意味します。半年以上もローンを滞納しているとあれば、債権者の心証は決して良いものでもありません。しかし、ローンを返済できない理由を真摯に説明すれば、債権者も理解を示してくれるはずです。

なお、任意売却を選択した場合は、仲介する不動産業者の交渉力が物を言います。任意売却の実績や経験が豊富な、当社にお任せ下さい。

競売の取下げ:関連ページ

任意売却をご近所に知られたくない
「住宅ローンが返せなくて家を手放す、そのことをご近所さんには絶対に知られたくない」という気持ちを持つ人は少なく […]
任意売却宅と弊社買取
『任意売却』という言葉も以前より認知され、弊社でも任意売却のご相談を多く頂きます。 その中で、ご相談者様が心配 […]
破産管財人と任意売却
破産管財人が行う任意売却とは、通常の任意売却と異なります。 通常の任意売却は、債務者が売主になって自分の意思で […]
ペアローンと任意売却
住宅ローンを組む際に、夫または妻一人の収入ではローンの借入希望金額に届かないため、夫婦の収入を合算し、ペアでロ […]
現況調査とは
現況調査の目的は、競売の対象となる不動産の鑑定です。 物件の状況を調査することで、競売の基準となる評価額を算定 […]
離婚に伴うマイホーム売却
離婚することになった場合、財産分与の問題が発生します。現金や有価証券は一定の割合でわけられますが、不動産はそう […]
住宅ローンを滞納するとどうなるか
今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払って […]
任意売却の前に
競売開始決定通知が届くと、住宅ローン対象の物件が競売にかけられることになってしまいます。競売にかけられてしまう […]
債権者のメリット
住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。 なぜ住宅ローンを滞納すると、任 […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]