豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却時の書類の重要性

「住宅ローンが返せない!」「家が競売にかけられるかも!」

そんな悩みを抱えている方にとって、今住んでいる家を有利な条件で売却できる「任意売却」は魅力的な手段と言えます。しかし、任意売却には「必要書類が多い」ということをご存知でしょうか。
ここでは、任意売却に必要な書類を、実際の手続きの時系列に沿ってご紹介します。任意売却を検討している方の多くは、少しでも迅速かつ有利な条件で契約を進めていきたいはず。

詳細な書類は、任意売却業者が相談者様の現状をしっかり把握し、最適な条件で任意売却を行うための“道しるべ”になるものです。ぜひ書類の準備にご協力ください。

★ローン残高が確認できる書類

返済計画表や借入償還表、住宅ローン借入時の金銭消費賃貸契約書などをお持ちください。

★債権者からの通知

ローンの返済が滞った際に送付された、督促状や催告状などをお持ちください。

★物件購入時の書類

土地や建物の広さ、築年数が確認できるものが必要です。不動産購入時の売買契約書や建築確認書、間取り図などが役に立ちます。

売りたい物件がマンションの場合は上記の書類に合わせ、購入時のパンフレットやマンション管理規約、管理費などの明細があるとよいでしょう。

書類は詳細であればあるほど相談から契約締結までにいたる流れを、スムーズに進めることができます。ただし、書類がそろわなくても相談者様から現状を聞き、把握することは可能なので、ご安心ください。

任意売却を進めるためには、数多くの書類が必要になることがご理解いただけたと思います。任意売却を検討し、専門業者に相談する段階では書類の役目は「業者の担当者が相談者様の状況を詳しく把握すること」にあります。

そのため、書類の種類によっては不足していても手続きを進めることが可能です。

しかし、専属専任媒介契約締結したり決済を進めたりする段階になると、必要書類がひとつでもかけていると手続きが進めなくなる可能性があるので要注意です。
書類の多さや手続きの多さを知って「任意売却って大変そう……」と思われる方や、「書類がそろわなかったらどうしよう!」と不安になる方もいるでしょう。

しかし、任意売却にスペシャリストである弊社スタッフが相談者様を徹底的にサポートいたします。

「どんな書類を用意したらいいかわからない」という場合は、お気軽にご相談ください。

任意売却時の書類の重要性:関連ページ

現況調査とは
現況調査の目的は、競売の対象となる不動産の鑑定です。 物件の状況を調査することで、競売の基準となる評価額を算定 […]
離婚に伴うマイホーム売却
離婚することになった場合、財産分与の問題が発生します。現金や有価証券は一定の割合でわけられますが、不動産はそう […]
住宅ローンを滞納するとどうなるか
今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払って […]
任意売却の前に
競売開始決定通知が届くと、住宅ローン対象の物件が競売にかけられることになってしまいます。競売にかけられてしまう […]
債権者のメリット
住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。 なぜ住宅ローンを滞納すると、任 […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却と譲渡所得税
任意売却をした場合でも、通常は、住宅等の不動産の売却の譲渡益に対して、通常の税率で分離課税の長期短期の譲渡税が […]
競売の取下げ
住宅ローンの返済が滞り、催促状や督促状が届いているにもかかわらず求められた金額を返済しない場合、最終的に「競売 […]
任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]
任意売却のハンコ代
最近では、住宅ローンを組む際は1つの金融機関で融資を受ける方が多いです。 以前は住宅金融公庫で借りられている方 […]