豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却の解決事例⑦

相談内容
E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。

早期退職を機に、退職金をほぼトラックの購入に充て、自営で運送の仕事を行うようになりました。

最初の数年は順調でしたが、その後ガソリンの高騰や、運送費用の低下などで、経費の収支が合わなくなり経営状態が悪化していきました。

もともと住宅ローンの支払いも高めに設定していたので、安定しない自営業の収入ではローンの支払いも遅れがちになり、とうとう債権者から競売申し立てをされてしまいました。

当社から送付した「任意売却についてのご案内」を読んだ奥様から相談の電話がありました。

E様は自宅の売却は今の経済状況では仕方がないと思っていますが、手元にお金がないため引っ越しもできません。なんとか今の生活を立て直して、普通の生活に戻るため引っ越し費用を確保していただくことが一番の希望です。

大きな家は手放し、何とか生活を立て直したいとのことでしたので、まずはご自宅の査定を行い債権者の合意金額を確定させ、販売を開始しました。お宅は自然豊かな場所にあり、非常に凝った作りの素敵な家で、螺旋
階段のある広い2LDKでした。

素敵な家ですが凝ったデザインになっている分、なかなか一般のニーズに合わず、販売が長期化するのではと心配でした。

その後確定した売却金額も残債が多く、なかなか特殊な状況に見合った価格にはならず、販売には時間がかかってしまいました。

しばらくしてインターネットの広告を見たお客様から問い合わせがあり案内したところ、立地条件が探していたものにピッタリで、かつ、物件を自分好みにフルリフォームすることを希望しているという、非常にニーズに合ったお客様だったため、無事に成約に至りました。

E様は売却後も他の債務が多かったため、当社が提携している弁護士を紹介、債務整理も同時期に行っていきました。

結果的に、売却も無事に完了し、債権者に引っ越し費用を認めてもらい確保することができ、債務も整理することができました。

今は夫婦二人で、普通の生活ができるようになって本当に喜んでおられました。

任意売却の解決事例⑦:関連ページ

任意売却のハンコ代
最近では、住宅ローンを組む際は1つの金融機関で融資を受ける方が多いです。 以前は住宅金融公庫で借りられている方 […]
期限の利益喪失とは
期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。 つまり、住宅ローンを約束通り返済している状況では、銀行・債権者 […]
任意売却の前にできる対策
当社では、収入減などの理由で住宅ローンの支払いが難しくなった時、任意売却を検討するまえにできる対策をアドバイス […]
投資用物件の任意売却
ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。 特にワンルームマ […]
任意売却解決事例⑥
相談内容  勤めていた会社からリストラにあってしまったMさん。 リストラになった後は収入もなく、ローンの支払い […]
任意売却と遅延損害金
遅延損害金とは、住宅ローンの返済が滞ってしまった際に発生する損害金のことです。 債権者が、返済に遅れた債務者に […]
任意売却での引越時期
任意売却は、住宅ローン滞納による売却となり金融機関などの債権者が登場しますが、売主と買主の手続きは通常の不動産 […]
競売になるデメリット
住宅ローンを滞納してしまい、家をどうしても手放さなければならなくなった時でも、「競売だけは避けたい、せめて少し […]
任意売却と任意整理
まず初めにですが、債務整理と任意売却は全く別の制度です。 任意売却の実態は、普通の不動産売買です。 ただ、任意 […]
任意売却の判断
最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ […]