豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却の前にできる対策

当社では、収入減などの理由で住宅ローンの支払いが難しくなった時、任意売却を検討するまえにできる対策をアドバイスしています。

1.生活費を見直す

住宅ローンの支払いができなくなるまでに数ヶ月の余裕がある場合は、家計の見直しをすることで問題が解消することもあります。

例えば、明らかに生活に見合わない家族みんなの保険を解約するだけでも、月数千円~数万円もの節約ができることも。

またそれなりに子育てなども落ち着いた妻が専業主婦をしている場合は、週に数回だけでもパートやアルバイトに出てもらうことにより、住宅ローンに充てられる収入が得られると可能性もあります。

2. 金融機関にリスケジュールや減額の相談

契約した住宅ローンから逃げずに現状ときちんと向き合うといった意味では、お金を借りた金融機関に相談をするのも誠実な対応と考えられます。

例えば、まだ何とか住宅ローンの返済ができている早い段階であれば、リスケジュールや月々の返済額の減額といった返済計画の見直しができる可能性もでてきます。

これに対してお金を支払えない罪悪感により金融機関から逃げ続けていると、そこから生じる悪循環はどんどん酷くなる可能性もあります。

3.住宅ローンの借り換え

月々1~2万円ほど減額されるだけで住宅ローンを支払い続けられる人の場合、借り換えローンの利用がおすすめとなる場合もあります。

2ヶ月連続で金利が下がっていた2017年9月の段階では、借り換えローンを利用することで月々の返済額がだいぶ下がるといった見方もあります。

また借り換えローンには、個人の信用が落ちないという大きなメリットもあるため、早めに金融機関に相談をすることで高い好循環が生まれる方法となります。

このように住宅ローンの支払いが難しくなったときには一度、家族で話合い、対策を講じることで差押えなどを回避できる可能性があります。

任意売却の前にできる対策:関連ページ

任意売却の解決事例⑦
相談内容 E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。 早期退職を […]
期限の利益喪失とは
期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。 つまり、住宅ローンを約束通り返済している状況では、銀行・債権者 […]
投資用物件の任意売却
ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。 特にワンルームマ […]
任意売却解決事例⑥
相談内容  勤めていた会社からリストラにあってしまったMさん。 リストラになった後は収入もなく、ローンの支払い […]
任意売却と遅延損害金
遅延損害金とは、住宅ローンの返済が滞ってしまった際に発生する損害金のことです。 債権者が、返済に遅れた債務者に […]
任意売却での引越時期
任意売却は、住宅ローン滞納による売却となり金融機関などの債権者が登場しますが、売主と買主の手続きは通常の不動産 […]
競売になるデメリット
住宅ローンを滞納してしまい、家をどうしても手放さなければならなくなった時でも、「競売だけは避けたい、せめて少し […]
任意売却と任意整理
まず初めにですが、債務整理と任意売却は全く別の制度です。 任意売却の実態は、普通の不動産売買です。 ただ、任意 […]
任意売却の判断
最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]