豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

投資用物件の任意売却

ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。

特にワンルームマンションを複数戸持っていてそのうちの一部が空家になってローン全体を賄うだけの家賃が入ってこないというケースが多くなっています。

また、賃借人がすべて入居していて家賃の入金があるにもかかわらず、返済と経費が賃料を上回っているために、他の収入から赤字分を補填し続けているケースがあります。

物件が古くなるにつれ、賃料の値下げ圧力が強まってきますので、現状でさえ赤字では、今後その赤字が膨らんでいくことが予想され、そのまま放置しておくと、家賃収入どころかローンを支払うことすらできません。

収益物件の所有者は、投資家であり、経営者でもあります。その自覚を持って、経営者としての理性的な判断を下し、直ちに撤退を開始するべきです。そして、その最適な方法が任意売却です。

収支が合わず、物件を持ち続ける限りにおいては、半永久的に、手取り収入の中から、返済を続けることとなります。

ローン返済負担から開放されるためには、当たり前ですが、ワンルームマンションを売却しなければなりません。

もちろん、普通に売却ができるのでしたら、特に大きな問題はないです。

この点、問題となるのは、投資ワンルームマンションの場合、購入時点で、既に多額の含み損を抱えていることです。

売却をするにあたっては、殆どの場合、その損失部分を埋めるために、多額の現金の持ち出しが必要になるのです。

基本的に、多額の現金を持ちあわせていれば、いいのですが、ほとんどの方は普通のサラリーマンですので、多額の現金を持ちあわせていません。

結果、収支が回らなくなって、ローン返済ができなくなり、自ずと、任意売却をせざるを得ない状況となります。

現在、アパートローンや家賃収入のバランスに不安を感じる方や売却を検討している方がおられましたら、是非当社にご相談ください。

投資用物件の任意売却:関連ページ

任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]
任意売却のハンコ代
最近では、住宅ローンを組む際は1つの金融機関で融資を受ける方が多いです。 以前は住宅金融公庫で借りられている方 […]
任意売却の解決事例⑦
相談内容 E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。 早期退職を […]
期限の利益喪失とは
期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。 つまり、住宅ローンを約束通り返済している状況では、銀行・債権者 […]
任意売却の前にできる対策
当社では、収入減などの理由で住宅ローンの支払いが難しくなった時、任意売却を検討するまえにできる対策をアドバイス […]
任意売却解決事例⑥
相談内容  勤めていた会社からリストラにあってしまったMさん。 リストラになった後は収入もなく、ローンの支払い […]
任意売却と遅延損害金
遅延損害金とは、住宅ローンの返済が滞ってしまった際に発生する損害金のことです。 債権者が、返済に遅れた債務者に […]
任意売却での引越時期
任意売却は、住宅ローン滞納による売却となり金融機関などの債権者が登場しますが、売主と買主の手続きは通常の不動産 […]
競売になるデメリット
住宅ローンを滞納してしまい、家をどうしても手放さなければならなくなった時でも、「競売だけは避けたい、せめて少し […]
任意売却と任意整理
まず初めにですが、債務整理と任意売却は全く別の制度です。 任意売却の実態は、普通の不動産売買です。 ただ、任意 […]