豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

投資用物件の任意売却

ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。

特にワンルームマンションを複数戸持っていてそのうちの一部が空家になってローン全体を賄うだけの家賃が入ってこないというケースが多くなっています。

また、賃借人がすべて入居していて家賃の入金があるにもかかわらず、返済と経費が賃料を上回っているために、他の収入から赤字分を補填し続けているケースがあります。

物件が古くなるにつれ、賃料の値下げ圧力が強まってきますので、現状でさえ赤字では、今後その赤字が膨らんでいくことが予想され、そのまま放置しておくと、家賃収入どころかローンを支払うことすらできません。

収益物件の所有者は、投資家であり、経営者でもあります。その自覚を持って、経営者としての理性的な判断を下し、直ちに撤退を開始するべきです。そして、その最適な方法が任意売却です。

収支が合わず、物件を持ち続ける限りにおいては、半永久的に、手取り収入の中から、返済を続けることとなります。

ローン返済負担から開放されるためには、当たり前ですが、ワンルームマンションを売却しなければなりません。

もちろん、普通に売却ができるのでしたら、特に大きな問題はないです。

この点、問題となるのは、投資ワンルームマンションの場合、購入時点で、既に多額の含み損を抱えていることです。

売却をするにあたっては、殆どの場合、その損失部分を埋めるために、多額の現金の持ち出しが必要になるのです。

基本的に、多額の現金を持ちあわせていれば、いいのですが、ほとんどの方は普通のサラリーマンですので、多額の現金を持ちあわせていません。

結果、収支が回らなくなって、ローン返済ができなくなり、自ずと、任意売却をせざるを得ない状況となります。

現在、アパートローンや家賃収入のバランスに不安を感じる方や売却を検討している方がおられましたら、是非当社にご相談ください。

投資用物件の任意売却:関連ページ

住宅ローンを滞納するとどうなるか
今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払って […]
任意売却の前に
競売開始決定通知が届くと、住宅ローン対象の物件が競売にかけられることになってしまいます。競売にかけられてしまう […]
債権者のメリット
住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。 なぜ住宅ローンを滞納すると、任 […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却と譲渡所得税
任意売却をした場合でも、通常は、住宅等の不動産の売却の譲渡益に対して、通常の税率で分離課税の長期短期の譲渡税が […]
競売の取下げ
住宅ローンの返済が滞り、催促状や督促状が届いているにもかかわらず求められた金額を返済しない場合、最終的に「競売 […]
任意売却時の書類の重要性
「住宅ローンが返せない!」「家が競売にかけられるかも!」 そんな悩みを抱えている方にとって、今住んでいる家を有 […]
任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]
任意売却のハンコ代
最近では、住宅ローンを組む際は1つの金融機関で融資を受ける方が多いです。 以前は住宅金融公庫で借りられている方 […]
任意売却の解決事例⑦
相談内容 E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。 早期退職を […]