豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

競売になるデメリット

住宅ローンを滞納してしまい、家をどうしても手放さなければならなくなった時でも、「競売だけは避けたい、せめて少しでも有利な任意売却など他の方法を」と思う人は多いはずです。

ではなぜ、競売がそれほど嫌がられているのでしょうか。

その理由は、競売はデメリットだらけの物件売却手段だからです。

まず、競売で売却される物件のほとんどは、中古住宅市場の相場からかけ離れた安値でしか落札されません。

買う側からすれば、競売物件は事前に内覧できないし、立ち退きのトラブルも懸念されるため、そんないわくつき物件には相場の金額を出す気にもならないという形になるわけです。

しかも競売は、高い確率でご近所にも知られてしまいます。 公告に競売情報が載るだけではなく、下手をすれば競売開始のチラシが配られてしまうことも。

ご近所からの好奇の目にも晒されてしまうという、大きな心理的ダメージを受けてしまいやすいのです。

そして競売で物件が落札されてしまうと、引越し代ひとつ出してもらえず強制退去。

さらに競売しても相殺できなかった分のローン残高は残ってしまうのですが、この残債の返済についても、支払い期間の延長などを個人で交渉することはきわめて難しいものとなってしまいます。

つまり競売は、単に家を手放すということだけでは終わらず、精神的にも深く傷つけられ、さらにその後の人生にもなかなか希望が持てないという、どこまで行ってもデメリットばかりが目立つと言わざるを得ない物件売却手段なのです。

住宅ローンを滞納しなければならない状況になった場合は、是非当社にお問い合わせ下さい。

競売になるデメリット:関連ページ

任意売却の解決事例⑦
相談内容 E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。 早期退職を […]
期限の利益喪失とは
期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。 つまり、住宅ローンを約束通り返済している状況では、銀行・債権者 […]
任意売却の前にできる対策
当社では、収入減などの理由で住宅ローンの支払いが難しくなった時、任意売却を検討するまえにできる対策をアドバイス […]
投資用物件の任意売却
ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。 特にワンルームマ […]
任意売却解決事例⑥
相談内容  勤めていた会社からリストラにあってしまったMさん。 リストラになった後は収入もなく、ローンの支払い […]
任意売却と遅延損害金
遅延損害金とは、住宅ローンの返済が滞ってしまった際に発生する損害金のことです。 債権者が、返済に遅れた債務者に […]
任意売却での引越時期
任意売却は、住宅ローン滞納による売却となり金融機関などの債権者が登場しますが、売主と買主の手続きは通常の不動産 […]
任意売却と任意整理
まず初めにですが、債務整理と任意売却は全く別の制度です。 任意売却の実態は、普通の不動産売買です。 ただ、任意 […]
任意売却の判断
最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]