豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却と任意整理

まず初めにですが、債務整理と任意売却は全く別の制度です。

任意売却の実態は、普通の不動産売買です。

ただ、任意売却は、本当は売りたくないのだけれど、借金の返済に困っているので、売却せざるをえない。という場面で使うことが多いといえます。

そのため、任意売却と同時に、債務整理手続きをしている場合もあり、両者に深い関係があるように見えることもあるかもしれません。

しかし、法律的には債務整理と任意売却は、まったく別の手続きです。

債務整理したからといって、必ずしも不動産を売却しなければならないというわけではありませんし、債務整理をしなくても当然、不動産を売却することはできます。

まずは、この2つは別ものだという認識をもっておきましょう。

任意売却の難しいところは、抵当権を抹消しなければならない点です。

抵当権は、不動産の処分を他人に許す権利ですから、一般の人はそのような権利のついた不動産を購入しません。

いつ不動産を取り上げられるか、自分ではわからないからです。

ですから、任意売却のときには、抵当権を抹消しておく必要があるのです。

任意売却した代金で、住宅ローンを全額返済できばいいのですが、任意売却をしても住宅ローンを返しきる金額にならないのが通常です。

この状態を債務超過と言いますが、この状態ですと、通常は抵当権をすべて抹消することはできないのが原則です。

しかしそれは金融機関も心得ていて、満額返済しなくても抵当権の抹消に応じてくれる場合があります。

ただ、ここは専門知識が必要なので、弁護士なり司法書士に相談しながらすすめたほうがいいでしょう。

全体の債務をどうするのが良いのかについては、依頼者の希望と利益を優先した提案をしていくことに徹しています。

当社では、任意売却に理解・経験のある司法書士・弁護士と常に連携を取っております。

破産はできないが、費用も抑えたい、というご要望にもお応えし、任意売却と債務整理の進行を工夫して行っています。

競売は避けたいが、債権者からの取り立てが不安、とういう方も多いものです。

この場合は、法的に債権者からの連絡を絶つと同時に、任意売却をするということも可能です。

是非当社にご相談ください。

任意売却と任意整理:関連ページ

任意売却の解決事例⑦
相談内容 E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。 早期退職を […]
期限の利益喪失とは
期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。 つまり、住宅ローンを約束通り返済している状況では、銀行・債権者 […]
任意売却の前にできる対策
当社では、収入減などの理由で住宅ローンの支払いが難しくなった時、任意売却を検討するまえにできる対策をアドバイス […]
投資用物件の任意売却
ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。 特にワンルームマ […]
任意売却解決事例⑥
相談内容  勤めていた会社からリストラにあってしまったMさん。 リストラになった後は収入もなく、ローンの支払い […]
任意売却と遅延損害金
遅延損害金とは、住宅ローンの返済が滞ってしまった際に発生する損害金のことです。 債権者が、返済に遅れた債務者に […]
任意売却での引越時期
任意売却は、住宅ローン滞納による売却となり金融機関などの債権者が登場しますが、売主と買主の手続きは通常の不動産 […]
競売になるデメリット
住宅ローンを滞納してしまい、家をどうしても手放さなければならなくなった時でも、「競売だけは避けたい、せめて少し […]
任意売却の判断
最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ […]
任意売却ができないケース
任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。 ①共有者全員の同意が得られな […]