豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却の判断

最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ負担を減らすためにも任意売却を選択することになるでしょう。

しかし、所有者本人がどうしても売却したくない、手放したくないと考えるのであれば強制的に任意売却にもっていくことはできません。

いずれ競売にかけられて強制的に他人の物になってしまいますが、本人が判断しない限りどうしようもありません。最初の判断は所有者本人にしかできません。

冷静に考えれば任意売却のほうがメリットが大きいのですが、長年暮らした家には様々な想いや気持ちがこもっています。頭ではわかっていてもなかなか判断できない人が多いのが現実です。

最初に任意売却の判断をするのは所有者本人です。しかし、本人が任意売却を希望したからといって不動産が簡単に売却できるわけではありません。

住宅ローンが残っている物件には必ず抵当権がついています。金融機関からお金を借りるための担保として設定されています。この抵当権を抹消するためには債権者の同意が必要です。

住宅ローンが滞納している状態であれば、債権者としてはいずれ競売にかけて強制的に売却しようと考えます。しかし、競売では売却価格が低くなってしまうため、債権者としてはおいしくありません。

そこで債務者より任意売却の申し出があった段階で、競売と任意売却ではどちらが回収できる金額が多きいかどうかを判断します。

一般的に不動産の競売においては相場の60%~70%程度にしかなりません。そうなると任意売却の方が利益があると判断する債権者がほとんどです。
所有者本人の決断と、債権者による判断が合わさって任意売却が実行されていきます。

また、共有名義で登記されているのであれば、本人や債権者だけの判断ではどうにもなりません。本人、共有者、債権者のすべての関係者が任意売却を判断することになります。

任意売却は早めの対応が有利な解決への近道です。
是非当社にご相談ください。

任意売却の判断:関連ページ

現況調査とは
現況調査の目的は、競売の対象となる不動産の鑑定です。 物件の状況を調査することで、競売の基準となる評価額を算定 […]
離婚に伴うマイホーム売却
離婚することになった場合、財産分与の問題が発生します。現金や有価証券は一定の割合でわけられますが、不動産はそう […]
住宅ローンを滞納するとどうなるか
今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払って […]
任意売却の前に
競売開始決定通知が届くと、住宅ローン対象の物件が競売にかけられることになってしまいます。競売にかけられてしまう […]
債権者のメリット
住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。 なぜ住宅ローンを滞納すると、任 […]
競売のスケジュール
任意売却にはタイムリミットがあります。一定の時期を過ぎてしまうと、任意売却を進めることが困難になってしまいます […]
任意売却と譲渡所得税
任意売却をした場合でも、通常は、住宅等の不動産の売却の譲渡益に対して、通常の税率で分離課税の長期短期の譲渡税が […]
競売の取下げ
住宅ローンの返済が滞り、催促状や督促状が届いているにもかかわらず求められた金額を返済しない場合、最終的に「競売 […]
任意売却時の書類の重要性
「住宅ローンが返せない!」「家が競売にかけられるかも!」 そんな悩みを抱えている方にとって、今住んでいる家を有 […]
任意売却での再建方法
住宅ローンを滞納してしまい銀行から競売を申し立てられた。銀行ローンの支払いが厳しくなってきた。今後どうしていい […]