豊中市で任意売却・住宅ローン滞納・競売でお悩み方、まだあきらめずに当社までご相談ください。

任意売却ができないケース

任意売却を希望していても、以下のような場合には任意売却ができない場合もあります。

①共有者全員の同意が得られない

②債権者が任意売却に同意しない

③連帯保証人・連帯債務者の承諾が得られない

④税金等の滞納金額が高額で、役所等が承諾しない

⑤マンション管理費の滞納金額が高額で、全額返済ができない

⑥室内の状況が悪く、購入希望者を内覧できる状況ではない

⑦競売が進行しているので、販売活動する時間がない

⑧買主が見つからない

これらのパターンが考えられます。

これ以外にも任意売却をすることができないケースがあるとは思いますが、現実的にはこれらが、任意売却をすることができないケースであるといえます。

特にややこしい問題となるのが、「税金等の滞納金額が高額で、役所等が承諾しない」であるといえるでしょう。

税金の滞納が非常に面倒な問題になります。滞納している税金については、任意売却のために住宅ローン返済を止めるので、それで税金の返済に充てるのがいいでしょう。

とにかく早めの相談が解決の近道となります。

是非、当社にお問い合わせください。

任意売却ができないケース:関連ページ

任意売却の解決事例⑦
相談内容 E様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。 早期退職を […]
期限の利益喪失とは
期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。 つまり、住宅ローンを約束通り返済している状況では、銀行・債権者 […]
任意売却の前にできる対策
当社では、収入減などの理由で住宅ローンの支払いが難しくなった時、任意売却を検討するまえにできる対策をアドバイス […]
投資用物件の任意売却
ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。 特にワンルームマ […]
任意売却解決事例⑥
相談内容  勤めていた会社からリストラにあってしまったMさん。 リストラになった後は収入もなく、ローンの支払い […]
任意売却と遅延損害金
遅延損害金とは、住宅ローンの返済が滞ってしまった際に発生する損害金のことです。 債権者が、返済に遅れた債務者に […]
任意売却での引越時期
任意売却は、住宅ローン滞納による売却となり金融機関などの債権者が登場しますが、売主と買主の手続きは通常の不動産 […]
競売になるデメリット
住宅ローンを滞納してしまい、家をどうしても手放さなければならなくなった時でも、「競売だけは避けたい、せめて少し […]
任意売却と任意整理
まず初めにですが、債務整理と任意売却は全く別の制度です。 任意売却の実態は、普通の不動産売買です。 ただ、任意 […]
任意売却の判断
最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ […]